2018年10月08日

三つの坂

 結婚式のスピーチなどでしばしば耳にするのが「三つの坂」です。曰く、①上り坂②下り坂、そして③まさか、です。人生、調子が良い時も、悪い時も、さらに予想もしない出来事が起きた時も、力を合わせて乗り越えてほしいという励ましです。
 「まさか」と、一瞬ひるむほどの困難に出あう――程度の差はあれ、誰にでも経験のあることでしょう。人生の先輩方が、自身の経験と重ね合わせて語るからこそ、心に響く助言になるのかもしれません。
 では、ピンチの時にどうするか。“赤毛のアン”で有名なカナダの作家モンゴメリーは、主人公のアンに語らせています。「小さな障害は、笑いの種だと思い、大きな障害は、勝利の前兆だと考えられるようになったの」(掛川恭子訳『アンの愛情』講談社)と。
 創価学会の池田先生はこの言葉を紹介し、「状況が厳しければ厳しいほど、強気で人生を生き抜いていくことだ。勇気をもって、断固として前へ、また前へ、突き進んでいくことだ」と述べています。そうだ!! 強気で前進だ。  

Posted by mc1460 at 11:00Comments(33)TrackBack(0)つぶやき