2017年12月17日

驚いておく

 武道家にとって、「驚かされること」は最も避けるべき状況の一つだそうです。理由は、心身の能力が著しく低下してしまうからで、それに対処するには、普段から「こまめに驚くこと」だと、武道家でもある思想家の内田樹氏が述べています(『街場の憂国会議』晶文社)
 「驚かされる」に対し、「驚く」は能動的な振る舞い。普段から微小な変化に細かく反応することで、いざという時に、それほど驚かされずに済むそうです。
 要人警護のSPの心得も、これと似たところがあるようです。SPは事が起きる前に、芽を摘むことが最も大事な仕事です。警護する人の通り道を毎日歩き、「ないはずのもの」があったり、「あるはずのもの」がなかったり、人が気づかない変化に目をこらすことで、大きな危険を回避します。
 予兆はないか、気を配る。過去の事例に学び、“こんなこともあるのか”と驚いておく。これらは、日常の防災・防犯にも役立ちますね。  

Posted by mc1460 at 14:33Comments(0)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月16日

一本石垣

 先の熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城。天守閣の南西に立つ「飯田丸五階櫓」も2度の激震に襲われたが、倒壊を免れました。支えたのは「奇跡の一本石垣」でした。
 櫓は、4月14日の前震で石垣の一部が崩壊。2日後の本震の後は、南東側の角に残された細い石垣だけで、重さ17トン以上の櫓全体を支えてきたのです。「一本石垣」は今も復興の象徴となっています。  

Posted by mc1460 at 11:54Comments(6)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月15日

二刀流

 今年、話題を集めたプロ野球の大谷翔平選手。彼の代名詞「二刀流」は、「両方やればいいのに」という、母の一言がきっかけで生まれたそうです。
 高校球児だった大谷選手は「(プロは)死にもの狂いでポジションを奪おうとしている世界」「どっちもやりたいなんて、やってる人に失礼だよ」と(「週刊ベースボール」)。今では大リーグも注目する二刀流も、初めは、本人すら思いもしない挑戦だったのです。  

Posted by mc1460 at 11:49Comments(8)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月14日

宇宙に学ぶ生き方

 大海原を行くいにしえの船は、夜空の星を見て、針路を知りました。宇宙に学び、人類の針路を考えることは、今の時代も変わりません。
 仏法は、「外なる大宇宙」と、「内なる小宇宙」である自分自身の連関を説いています。宇宙に学ぶ生き方は、自身の可能性を開くことにつながるのです。
 地球が絶妙なバランスを保ちながら安定しているのは、ものすごい速さで、自転と公転という大回転を続けているからです。回転が弱まれば不安定になり、止まれば倒れるコマを想像すれば、納得がいくでしょう。
 力強い律動によって、安定を得る。同じことは、人間の体、そして人生にもいえます。「無常」は宇宙を貫く法則であり、一刻も同じ状態でいられるものはありません。停滞は即、後退を意味するのです。生命力を満々とたたえ、目標に向かって進む大闘争があってこそ、人生は、充実の中に安定するのです。
 大宇宙に比べれば、一人の存在は小さいかもしれません。だが、宇宙とつながる自身を自覚し、無限の可能性を知った人間は、偉大な力を発揮することができるのです。

  

Posted by mc1460 at 14:02Comments(0)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月13日

オートファジー

 昨年、大隅良典氏に贈られたノーベル医学・生理学賞。授賞理由となった研究テーマはオートファジーでした。これは「自食作用」と訳されます。人体は毎日約200グラムのタンパク質を作りますが、食事で摂取するのは70~80グラムだけです。足りない分、体内ではオートファジーで分解されたタンパク質がリサイクルされているそうです。
 小学生時代、川や海で遊んだという氏。自然の事物に対する興味や疑問は尽きなかったそうです。やがて“ゴミ溜めの機能しかない”と考えられていた細胞の小器官・液胞を研究するようになりました。酵母の観察を続け、生物の重要な作用であるオートファジーを発見したのです。  

Posted by mc1460 at 11:48Comments(4)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月12日

今いる場所で勝つ

 今はデパートの食品売り場はお歳暮商戦の終盤戦だと思います。
 「破竹の勢いで売りまくる」という店員の話です。その婦人は現役を退いた身ながら、68歳の今も、この季節になると声が掛かるそうです。夫人は現役時代、47カ月連続で前年度の売り上げを超える驚異的な結果を出しました。表彰も数えきれないほど受けています。
 その秘訣は、客の心を一瞬で見抜く「対話力」です。贈り先は親戚か、友人か、会社のお得意さまか。相手に合った品を、ほんの「一言」から見極める。さらに「今いる場所で勝つ」心構えが婦人の持ち味です。すごいですねー!!  

Posted by mc1460 at 11:41Comments(3)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月11日

日中友好は必ずできる

 『訪日中国人、「爆買い」以外にできること』(日本僑報社)。これは、中国で日本語を学ぶ学生を対象とした「中国人の日本語作文コンクール」の第12回受賞作品集です。この中には過去最多の5190本の応募作から、優秀作81本が収められています。
 最優秀賞に輝いた大学生の白宇さん。入学当時、日中関係が冷え込んでいたこともあり、日本語専攻をやめようと考えていたそうです。だが、2人の日本人教師との出会いで変わりました。「今年、私は大学院へ進学する。専門は日本語。今なら相手が誰であろうと、私は胸を張って言える。『私の専門は日本語です』と」。
 コンクールの主催者で、民間交流を通して日中友好に尽力する日中交流研究所の段躍中所長は断言しています。「一人の力は小さいかもしれませんが、両国民が民間レベルで力を合わせれば、日中友好は必ずできる」と。  

Posted by mc1460 at 11:33Comments(8)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月10日

NEMAWASHI

 年の瀬の慌ただしい中、つい「忙しい」と口にしがちですね。しかし、外資系企業のトップを歴任した新将命(あたらし・まさみ)氏は、積極的な言葉への言い換えを勧めています。「忙しい」は「充実している」と、自らを励ますように。
 他にもあります。うまくいかない↓成功の途中だ。嫌い↓魅力を発見しよう。時間がない↓時間をつくろう。疲れた↓よくがんばった。氏はこのことを、近著『世界標準のNEMAWASHIの技術』(CCCメディアハウス)で強調しています。
 悪いイメージのある日本的な「根回し」。だが、対話による合意形成の意味では評価すべきで、氏はこれも、「NEMAWASHI」と表現の転換を試み、世界で通じるコミュニケーション能力を磨こう、と同書で訴えています。  

Posted by mc1460 at 10:21Comments(2)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月09日

成果を急がず

 朝晩の冷え込みが日ごとに強まってきました。健康のために体を動かした方がいいとは思いつつ、外に出るのも億劫になりがちの人も多い事でしょう。
 日本体育協会公認アスレティックトレーナーの西村典子さんによれば、実は寒い時季ほど運動効果が出やすいと語っています。それは、外気で冷やされた体が体温を維持しようと多くのエネルギーを消費し、基礎代謝量が上がるからだそうです。
 とはいえ、特別な運動をする必要はないそうです。例えば、普段より少し遠い店で買い物をするとか、最寄りの一つ前の駅で下車して歩くなど、ちょっとした工夫でいい、と。
 体内では緩やかでも確実に変化が起きるそうです。成果を急がず、日常生活の中に運動を組み込むことが大切だと語っています。  

Posted by mc1460 at 11:35Comments(4)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月08日

歴史が動く瞬間

 時間をきっちり守る男が、彫刻家のアトリエに招かれました。約束の時刻に着いたのに、彫刻家は外出からまだ帰っていませんでした。ふと、そばにあった本を手に取る。読みだすと、たちまち引き込まれた――これは、作家ツヴァイクが、ロマン・ロランの小説『ジャン・クリストフ』と出あった瞬間です。
 この偶然の巡り合いを経て、後にロランはツヴァイクにとって人生最良の友となりました。芸術家には、ひらめきをつかみ、美を創造する瞬間があります。同じように、歴史にも決定的な時があるのです。それをツヴァイクは「人類の星の時間」と呼びました。星の瞬きのように鋭い光を放つ、歴史が動く瞬間であると。  

Posted by mc1460 at 11:49Comments(11)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月07日

ありがとう

 テレビを見て、少年がつぶやいたそうです。「僕も、こんな主人公みたいに偉くなりたいなあ」。それを聞いた祖母が言ったそうです。「人として本当に偉いのは、みんなに、『ありがとう』と感謝できる人だよ」と。
 少年は、一人で「ありがとう運動」を始めました。自分が起きる前から朝ご飯を用意してくれるお母さん。体操着を真っ白に洗ってくれるおばあちゃん。夜遅くまで働くお父さん……皆にお礼を言うと、家族全員が笑顔になった。少年は、その日の日記に書いたそうです。「僕の毎日は『ありがとう』でできている」と。  

Posted by mc1460 at 13:53Comments(8)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月06日

一字、一語に込めた思い

 女優・岡田茉莉子さんの「茉」の字の下部分は、上の横棒が長い「末」が正しいそうです。だが、新聞などに下の方が長い「未」で、よく載りました。芸名の名付け親である谷崎潤一郎は、それを見るたび、岡田さん本人に苦言の手紙を送ったという(川本三郎著『君美わしく』文春文庫)
 岡田さんに咎はないが、文豪は黙っていられなかったようだ。「言葉の力」を信じる人には、一字、一語に込めた思いをゆるがせにしない信念があるのです。  

Posted by mc1460 at 13:09Comments(10)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月05日

華やかな舞台の裏で

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんは当代一の女形です。流麗な舞は海外からも高い評価を得ていることはご存知でしょう。
 しかし坂東さんが若い頃は、舞台に立つと笑い声が起きたそうです。身長173センチと、女形としては背が高過ぎたためでした。悩みつつ、長身だった過去の女形の写真を見て研究。着物の内で膝を折り、低く見せることを思いついたのです。体への負担は大きかったが一心に稽古に打ち込み、低い姿勢で踊れるようになりました。後に彼は「人間国宝」に認定されたのです。
 女形には不向きな体形だからこそ、芸が深まり、洗練されたともいえます。一流の域まで実力を高めた人は、華やかな舞台の裏で人一倍の努力を忘れないものなのです。  

Posted by mc1460 at 11:52Comments(4)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月04日

紅白歌合戦

 年末恒例の「紅白歌合戦」。当初、この紅白は「正月のラジオ番組」だったそうです。テレビに切り替わると同時に大みそかへと変更され、日本を代表する“年の瀬の高視聴率番組”となりました。
 近年はテレビ離れも言われますが、紅白を見ないと年が越せないという人は多い事でしょう。歌には時代や世相を映し、希望を送る力があるのです。  

Posted by mc1460 at 11:14Comments(6)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月03日

ヒロシマ・ガールズ

 「原爆乙女」とは広島で被爆した独身女性を指します。3000度の熱線は、白い肌にケロイド状の傷痕を残しました。「ピカ(原爆)に遭うた女は結婚できん」。偏見、差別、中傷。世間の心ない視線の中で、彼女らは口を閉ざしたのです。
 被爆10年後の1955年。25人の被爆女性がケロイド治療のため米国に渡りました。「ヒロシマ・ガールズ」と呼ばれた彼女たちは、原爆の残酷さを米国民に伝え、世論に大きな影響を与えることになりました。日本でも原爆被害者支援の機運が高まり、57年に原爆医療法が制定されたのです。  

Posted by mc1460 at 11:33Comments(4)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月02日

昔はよかった

 何かと友人に会う機会が増える師走がやってきました。同窓会などで懐かしい顔が集まれば、話は尽きませんね。忘れかけていた思い出や青春の日々がよみがえります。いきおい、“昔はよかった”という話にもなる事でしょう。
 ただし、若い人が一緒の時は、少し配慮が必要だそうです。哲学者バートランド・ラッセルは、旧友と語らい、「古い果敢だった出来事を思い出す喜びは格別」とする一方、若い人にとって、これらの“自慢話”は「まったく滑稽で退屈である」と述べている(『人生についての断章』みすず書房)。
 ちょっと手厳しいですが、現実には違いありませんね。  

Posted by mc1460 at 11:35Comments(3)TrackBack(0)つぶやき

2017年12月01日

いくつになっても

 現代を代表するピアニストの一人、ジャン=マルク・ルイサダ氏が、17歳の時のことです。レッスンを受けるため、パリ音楽院の老教授の自宅に通っていました。ある日の夜、教授宅のドアの呼び鈴が鳴りました。
 入ってきた人物を見てびっくり。ヴラド・ペルルミュテール氏でした。彼は20世紀のフランスが生んだ大ピアニストです。大作曲家ラヴェルのピアノ曲では「模範」の弾き手との評価が確立していました。
 その「大ピアニスト」が姿勢を正して、老教授に向かったそうです。「ロンドンでショパンの練習曲集を弾くので、教えていただけますか」。老教授とは、マルセル・シャンピ氏です。年齢は85歳。ペルルミュテール氏はこの時70歳でした。
 師弟の峻厳さ、いくつになっても、学び続けることの大切さを、17歳のルイサダ氏は感じたと述懐しています。  

Posted by mc1460 at 11:41Comments(4)TrackBack(0)つぶやき

2017年11月30日

とんでもない

 仏教を評価したドイツの哲学者ショーペンハウアーは、「知は力なり」との格言を「とんでもない」と言ったそうです。なぜかならば「きわめて多くの知識を身につけていても、少しも力をもっていない人もあるし、逆に、なけなしの知識しかなくても、最高の威力を揮う人もある」と(細谷貞雄訳『知性について 他四篇』岩波文庫)  

Posted by mc1460 at 13:46Comments(2)TrackBack(0)つぶやき

2017年11月29日

良きパートナー

 「良きパートナー」といえば、どんな人を指すでしょうか。“物事がうまくいかなかった時、そばにいてくれる人”などを想像しがちですが、アメリカの研究で、次のような結果が報告されました。
 最も多かったのは“うれしい出来事があった時、一緒に喜んでくれた人”。自分の喜びに相手が関心を示さない場合は、その後の関係は不調になったそうです。苦境だけではなく、喜びを共有することが相手を強く「支える」ことになると再認識しました(『「幸せ」について知っておきたい5つのこと』KADOKAWA)  

Posted by mc1460 at 11:48Comments(7)TrackBack(0)つぶやき

2017年11月28日

「挫折力」の大切さ

 産業再生機構で41社の企業再生支援を行った㈱「経営共創基盤」代表取締役CEOの冨山和彦さん。冨山さんは若い世代に「挫折力」の大切さを強調しています。
 「挫折力」とは、挫折を愛し、乗り越え、生かしていく力。冨山さんは挫折を積極的に受け入れる中で、厳しい時代を生き抜く力を身に付けられると訴えています。
 確かに周囲を見渡しても、さまざまな組織のトップに立つ人は、何らかの挫折や失敗を経験していないほうが珍しいですね。「挫折とは、自分の能力以上に挑戦した者だけが得られる特権であり、それが人としての伸びしろになる」という冨山さんの言葉が印象的です。
 人生では、時に自分の思うようにいかない事態が起きます。仕事で大きな失敗をすることもあるでしょう。その時に逃げてしまえば、「挫折」のままで終わります。どんなに不格好であろうと、そこで誠実に粘り強く挑み続ければ本物の力が磨かれます。「挫折力」とは「不屈力」「挑戦力」とも言い換えられます。納得!!  

Posted by mc1460 at 11:44Comments(2)TrackBack(0)つぶやき