2018年10月07日

厳しい条件の中で育てることで

 全国一のカキ養殖量を誇る広島県。身を大きくするのに必要な、大切な工程があるそうです。それは、カキの幼生を“潮の干満にさらす”こと。わずか約0・3ミリの幼生は、外気に当てるなど厳しい条件の中で育てることで、濃厚な味わいと豊富な栄養分を持つのだそうです。
 今回の台風で被害が心配されましたが、順調よく育っているそうです。  

Posted by mc1460 at 10:03Comments(14)TrackBack(0)つぶやき