2017年12月09日

成果を急がず

 朝晩の冷え込みが日ごとに強まってきました。健康のために体を動かした方がいいとは思いつつ、外に出るのも億劫になりがちの人も多い事でしょう。
 日本体育協会公認アスレティックトレーナーの西村典子さんによれば、実は寒い時季ほど運動効果が出やすいと語っています。それは、外気で冷やされた体が体温を維持しようと多くのエネルギーを消費し、基礎代謝量が上がるからだそうです。
 とはいえ、特別な運動をする必要はないそうです。例えば、普段より少し遠い店で買い物をするとか、最寄りの一つ前の駅で下車して歩くなど、ちょっとした工夫でいい、と。
 体内では緩やかでも確実に変化が起きるそうです。成果を急がず、日常生活の中に運動を組み込むことが大切だと語っています。  

Posted by mc1460 at 11:35Comments(45)TrackBack(0)つぶやき