2013年02月16日

複雑な連携プレー

 そもそも人の「声」は、声帯だけで出すものではないそうです。肺、気管、喉頭、咽頭、鼻、顎、口(歯、舌、唇など)が、本来の役割を離れて働き、複雑な連携プレーの果てに生み出される“奇跡の音”なのです。
 「こんにちは、お元気ですか」と言うだけでも、100を超す筋肉が無意識のうちに協調し、心の思いを外に開放してくれているのだ(アン・カープ著、梶山あゆみ訳『「声」の秘密』草思社)
 口下手でもいい。「言葉は下手でも行動は機敏でありたい」と論語にもあります。  

Posted by mc1460 at 11:15Comments(4)TrackBack(0)つぶやき