2013年02月07日

充実感

 二足歩行によって人間の脳は発達しましが、骨盤の変形で産道が狭まり、難産になったそうです。だが、その逆境が“人間らしさ”を生んだという学説があります。
 一頭だけで出産できるチンパンジーと異なり、人間の出産には、介助者、協力者が必要です。それがDNAに組み込まれ、他の動物にはない「自発的な協力」を身につけた(NHK「ヒューマン なぜ人間になれたのか」)
 人は、誕生から他の人間の世話になり、一人前に育つまで多くの支えが必要です。「育」という漢字の部首は肉月。上の部分は一説には、「子」を逆さまにした形で、子どもが生まれる時の様子だそうです。そして、赤ちゃんに筋肉をつけさせ大きく育てる。ちなみに「充」は、生まれた子が成長し、二本足(儿)で立てるようになった様。その時、親や周囲の人々は充実感を味わうのです。  

Posted by mc1460 at 11:54Comments(1)TrackBack(0)つぶやき