2018年03月31日

菖蒲と尚武

 今は桜が真っ盛りですが、そのあとに来るのはこれ。紫・白・桃色など、鮮やかな色で見る人を引きつける菖蒲の花です。
 菖蒲は武道を尊ぶ志を表す“尚武”と同じ読みであることから、江戸時代、武士の間で広まり、特別な思いをもって観賞されたといいます。3日間ほどの開花のために1年間、手塩にかけて育てられるそうです。
 私は知らなかったのですが、菖蒲の特徴は一つの花茎から2度、花が咲くことです。がくの中のつぼみが育ち、一番花の開花に続いて、二番花が力強く開くそうです。  

Posted by mc1460 at 11:29Comments(42)TrackBack(0)つぶやき