2018年03月09日

星との語らいが

 “星空が美しく見える村”として全国的に知られる長野県南部の阿智村。高原に立ち、満天の星を仰いでいると、まるで自分が宇宙空間に浮かんでいるような感覚を覚えるそうです。
 信州・木曽に生まれた島崎藤村は、星を題材にした情景を数多く描いています。「山の上の星は君に見せたいと思ふものの一つだ」という散文。星空を「望みをさそふ天の花」と例える詩。星との語らいが文豪を励まし、創作への活力を与えていたことがうかがえるようですね。  

Posted by mc1460 at 11:53Comments(38)TrackBack(0)つぶやき