2018年03月17日

ジャッキー・ロビンソン

 大リーガー。今でこそ人種も多様ですが、70年前は白人選手しかいなかった。黒人初の大リーガーは、ドジャースのジャッキー・ロビンソン。新人王・首位打者・盗塁王・MVPなどに輝き、背番号「42」は全球団の永久欠番になっています。
 数々の差別と罵詈罵倒にさらされた彼を、球団の会長らは支え続けました。会長は、差別する人に対して「不条理な悪口を口にすることで、むしろドジャースの三十人を結束させて、団結させてくれた」「最高の働きをしてくれた」と“感謝”していたことが、ロビンソンは忘れられなかった(宮川毅訳『ジャッキー・ロビンソン自伝』ベースボール・マガジン社)  

Posted by mc1460 at 11:53Comments(12)TrackBack(0)つぶやき