2017年08月30日

夢のような話

 体に負担なく、がんを効果的に攻撃し、副作用なく治すことができるかもしれない――夢のような話が、米医学誌に発表されました。
 体に無害な、特定の近赤外線を当てることで、がん細胞に対する体内の免疫機能を活性化させ、がんを壊す。この試みに、米国立衛生研究所が動物実験で成功した。臨床試験はこれからで、実現は容易ではないだろうが、一つの希望には違いないでしょう。
 モスクワ大学元総長の物理学者・ログノフ博士は、池田SGI会長との対談で、体内における異物と免疫との関係を「ミクロの宇宙戦争」と呼びました。健康な人にも日々、がん細胞が体内で生まれるが、絶えず免疫がそれを排除する。だから健康でいられる、と。  

Posted by mc1460 at 11:58Comments(254)TrackBack(0)つぶやき