2017年06月01日

「歓喜の歌」が日本で初演された日

 「運命はこのように扉を叩く」。交響曲第5番、「運命」と呼ばれる曲の冒頭の音律について、ベートーベンは、こう語ったと言われています。人生の苦難は、しばしば突然、襲ってきます。
 楽聖ベートーベンの曲が今も胸を打つのは、聴覚が失われゆく苦悩との闘いの中から作品を生み出したからでしょう。「苦悩を突き抜けて歓喜へ」。彼の言葉を通し、創価学会の池田先生は綴っています。「試練に負けず、勇気をもって苦難に打ち勝つ、その時、自分らしい『歓喜の歌』が、わが生命の青空に轟き渡る」と。
 運命を切り開く力は、わが生命の中にある。6月1日は、1918年、「歓喜の歌」が日本で初演された日です。どんな苦難にも、断じて前へ――歓喜に至る前進を開始したいものです。  

Posted by mc1460 at 13:39Comments(2)TrackBack(0)つぶやき