2019年02月01日

結果より過程

 プロ野球12球団のキャンプが、きょう一斉にスタートします。
 プロ野球で戦後初の三冠王となった野村克也氏。そのプロ野球人生は、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)のテスト生として始まったが、1年目には解雇を通告されたこともありました。危機感を持った氏はプロ野球で生き残るために「1日24時間をいかに使うか」を真剣に考えました。他の選手が休んでいる間もバットを振り、試合後には相手投手の配球データを分析するなど、地道な努力を重ねたのです。
 45歳で引退するまでに本塁打王9回の大打者は、結果より過程を重視したという。「プロ野球の『プロ』は『プロセス』の『プロ』でもある」と(『私のプロ野球80年史』小学館)納得!!  

Posted by mc1460 at 10:54Comments(78)TrackBack(0)つぶやき