2018年09月23日

タンポポも雑草の一種

 一口に「雑草」といいますが、それぞれに、きちんと品種名があるそうです。雑草は人間が使う土地に生え、農業生産に直接、間接に損害を与えるので、人間の都合で「雑草」と呼ばれるだけなのです。
 その共通の特性は、成長が早く、速やかに開花できる、長期にわたって種子生産ができる、不良環境下でも種子を生産する、などがあります(稲垣栄洋『雑草は踏まれても諦めない』中公新書ラクレから)。
 冬を越す多年生雑草の場合、人間が耕す深さより下の土壌に休眠している芽もあります。雑草には、栽培種とは比較にならない「生き抜く強さ」があるのです。
 なんと、タンポポも雑草の一種だそうです。「踏まれても 踏まれても なお咲く タンポポの笑顔かな」――創価学会の池田先生は、この句を好んで同志に贈ってきました。長編詩「雑草」には「秋霜にも慄えず 不撓の意志と 天性のしなやかな反発力をもって かれは愉快に生きぬく」とあります。  

Posted by mc1460 at 09:51Comments(17)TrackBack(0)つぶやき