2018年09月16日

一十百千万のすすめ

 創価学会の高齢の婦人が語ります。「長寿の秘訣は?」と聞くと、「秘訣なんてありません。努力あるのみです」ときっぱり。医師が推奨する健康法“一十百千万のすすめ”を実践しているというので、内容を聞きました。
 日に「一回」は、少し長めの文章を読む。「十回」は大笑い。「百回」は深呼吸。「千字」は文字を書く。「一万歩」は歩く、とのことだそうです。
 婦人は「毎日、御書を開きます」「気取らず、笑いの絶えない会合や家庭訪問に行きます」「深く息を吸って、朗々と題目をあげます」「池田先生の指導を書き写したり、川柳を詠んだり、『5年日記』をつけたり、と筆まめです」と胸を張ります。「でも、日に一万歩はさすがに……」と苦笑しました。  

Posted by mc1460 at 11:31Comments(43)TrackBack(0)つぶやき