2018年01月23日

百花の魁

 東京は昨日、すごい大雪でした。厳しい寒さが続きますが、都内の公園では、梅のつぼみがほころび始めたそうです。どの花にも先駆けて咲くことから、梅は「百花の魁」とも呼ばれています。
 「明治六大教育家」の一人である新島襄は梅を愛したことでも知られています。彼が詠んだ漢詩に「真理は寒梅のごとし あえて風雪を侵して開く」と。風や雪に耐えて咲く梅のように、あえて逆境や苦難に挑み、乗り越えていく心を、彼は「敢為(かんい)の精神」と呼んだのです。  

Posted by mc1460 at 11:49Comments(87)TrackBack(0)つぶやき