2018年01月02日

誇りと使命をもって

 歴史家のトインビー博士は、研究と二つの世界大戦の経験から、人類意識、宇宙の生命の一部という自覚を培う世界宗教が必要との考えに至りました。その結果、東洋の仏教に注目し、その生きている運動体として、創価学会を見いだしたのです。
 博士は小説『人間革命』第1巻の英語版に一文を寄せています。「創価学会は、既に世界的出来事である」と。私たちの一日一日の行動は、日本の平和の基盤をつくり、人類融合の未来を準備しています。その誇りと使命をもって新年を出発しようではありませんか。  

Posted by mc1460 at 10:00Comments(2)TrackBack(0)つぶやき