2012年04月07日

泣き虫の少年

 こんな話があります。泣き虫の少年は、いつも小学校で、いじめられていました。ある日の図画の時間の事です。少年は画用紙に向かい、色鉛筆が折れるほど力を入れ、懸命に描きました。一風変わった絵だったのか、級友たちはゲラゲラ笑ったそうです。だが先生は盛んに褒め、赤インキで大きく三重丸を書いてくれました。
 この話は“世界のクロサワ”となった映画監督・黒澤明氏の小学3年生の時の思い出(『蝦蟇の油』岩波書店)です。三重丸で自信をつけた黒澤少年は、絵を描くのが好きになりました。そして上手にもなりました。同時に、ほかの教科の成績も、ぐんぐん上がったそうです。いじめを受けていた少年が、彼を理解する一人の先生の存在で、可能性の芽を急速に伸ばしたエピソードです。
 このように、周りから評価されなくても、たった一人でも側で見守り、たたえてくれる人がいれば、人は自分の可能性を信じることができます。一つの自信が挑戦の心を育み、大きな使命の花を咲かせる事となります。
  

Posted by mc1460 at 11:38Comments(1)TrackBack(0)つぶやき