2018年08月30日

小さなサプライズ

 病院で闘病中の子どもたちに道化師(クラウン)が笑いを届ける「ホスピタル・クラウン」という活動があります。これに長年携わってきた大棟耕介氏は“B級サービス”を勧めています。
 例えば、正月に病院を訪問したら、道化師が子どもたちにお年玉を渡す。ただ中身は日本のお金ではなく外国の小額の紙幣。手にした子どもが“空想の世界旅”を楽しめるようにとの工夫なのだそうです。氏は身の丈を超えた1回のサプライズ、すなわち“A級サービス”より、継続可能な小さなサプライズの方が人の心を打つと強調しています(『道化師流コミュニケーションとサービス』生産性出版)  

Posted by mc1460 at 13:59Comments(425)TrackBack(0)つぶやき