2018年04月10日

決断できた心意気

 帝国ホテルの総料理長も務めた村上信夫さんが、まだ30代のある日、同ホテルの社長に呼ばれたそうです。社長の「フランスに留学しないか」との打診に、村上さんは「行かせていただきます」と即答しました。「奥さんに話さなくていいのか?」と驚く社長に、「説得します」と宣言し、留学が決まったのです。
 実は、その前に8人の先輩が打診されたが、皆、「家族と相談します」とためらったらしい。信頼する人に助言を求めたり、環境に応じた賢明な判断は大事だが、人生を左右する一大事に“まず行く!”と決断できた心意気が、村上さんの未来を大きく開いたことは間違いないですね。  

Posted by mc1460 at 11:46Comments(148)TrackBack(0)つぶやき