2014年12月30日

顔の表情

 喜び、悲しみ、怒り、驚き、不安、嫌悪――顔の表情は基本的に、わずか6パターンに大別されます。それも世界共通だというから面白いですね。たとえ言葉は通じなくとも、その表情から感動や決意が伝わり、心を打たれるから不思議です。
 意識して表情をつくることはできますが、普通、意識しないでいることが多いのではないでしょうか。よく不満や文句が「顔に出る」といいます。6種類の表情のうち、なんと4種類が怒りなど負のイメージだから気をつけたいものです。
 人類史で大弾圧を受けてきたユダヤの言葉に、「人間の中でも、賢い人ほど、よく笑う」とあります。「ユーモア」や「笑い」は、人間の強さを引き出す力となってきたのです。  

Posted by mc1460 at 11:31Comments(2)TrackBack(0)つぶやき