2018年12月05日

新たな時を刻み始めるスタート

 「一から十まで」とは“最初から最後まで”を意味する慣用句です。だが、干支は十二支、1年は12カ月、1日は午前と午後が12時間ずつ、というように、時に関係する言葉では「12」が最後を区切る数となる場合が多いですね。
 文字盤が洋数字の時計で、「12」の位置に短針・長針・秒針がそろうのは12時間に1回。その瞬間、時計をじっと見つめてみます。一回り12時間の時の流れが完結する瞬間は、同時に、新たな時を刻み始めるスタートでもあるのです。

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t132103
この記事へのコメント
I like to get my inspiration from really meaningful phrases said by truly great people like “One cannot conceive anything so strange and so implausible that it has not already been said by one philosopher or another”, do you know where I can find thematic compiltaions of those?
Posted by MichaelOrimi at 2018年12月06日 05:33