2018年12月06日

地域の教育力

 世界的にも高い識字率を誇った江戸時代の日本。その背景には「地域の教育力」があったそうです。当初、僧侶が担った寺子屋の講師は、後に農民・町人が過半数を占め、近隣の子どもを教えるようになっていきました。
 子どもには高価だった書物を、村の有力者は屋敷の蔵に置き、無料で貸し出しました。この“私設図書館”が学びの輪を広げました。こうした、寺子屋・地域・家庭が連携した“子どもを育むネットワーク”が日本中に張り巡らされていたのです(高橋敏著『江戸の教育力』ちくま新書)

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t132119
この記事へのコメント
I like to get my inspiration from really meaningful phrases said by truly great people like “Happiness lies in virtuous activity, and perfect happiness lies in the best activity, which is contemplative”, do you know where I can find thematic compiltaions of those?
Posted by MichaelOrimi at 2018年12月07日 05:09