2018年06月04日

「戦争」の反対語は「対話」

 「戦争」の反対語を問われれば、多くの人が「平和」と言う事でしょう。だが経済学者の暉峻淑子氏(てるおか いつこ)の答えは「対話」です。“対話が続いている間は殴り合いは起こらない”とのドイツの言葉から発想したものです。
 『豊かさとは何か』等の著作を通し、社会の諸相を浮き彫りにしてきた氏。近年、地域や社会から本来の「対話」が失われつつあるように感じていると嘆いています。
 では「対話」とは何か。氏は「人間としての対等な立場で、その時その場にもっとも必要な自分の考えや感情を、自分の言葉で語る話し合い」と表現しています。一方的ではなく、双方の話を往復させる。一般論や抽象論ではなく、“自分自身”から離れない話題で。“お世辞”は対等ではないので対話にならない(『対話する社会へ』岩波新書)と。なるほど


この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t129030
この記事へのコメント
http://aischxr.ru/ электродвигатель аис характеристики
Posted by ScottGuina at 2018年06月22日 12:27