2018年03月29日

取り出すもの

 落語家の林家木久扇さんが喉頭がんになった時のことです。しゃべる商売なのに声が出ない。弱気にならないように“体から出ていけ!”と毎日、がんを叱りつけた。それを聞いた医師からは「とてもいいことだ」と褒められたそうです。
 不安や臆病といった後ろ向きの気持ち。それとは逆の、確信や負けじ魂――これらは共に心の中にあります。“もはや、これまでか”という難局を乗り切る力は、外から借りるものではなく、自身の心の中から取り出すものなのです。

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t127858
この記事へのコメント
私はあなたが共有した洞察から多くを学びました。
Posted by gmail email login at 2020年05月15日 21:23