2018年11月22日

新たな発見もあるのです

 地球の歴史の中で、77万~12万6000年前の地質年代が「チバニアン(千葉時代)」と名付けられました。「ジュラ紀」「白亜紀」などと肩を並べることになるそうです。
 地球は“大きな磁石”であり、北極がS極、南極がN極。実はこれまで、両極の逆転現象が何度も起きているという。最後に地磁気の逆転が起きたのは約77万年前。その痕跡が千葉県市原市の地層から読み取れることから、今回の名称の検討につながりました。
 46億年の地球の歴史からすれば“ごく最近”の出来事ともいえましょう。こうした時間軸やスケールに触れると日頃の悩みや苦労も、ちっぽけなものに思えるから不思議ですね。心理学に「メタ認知」という言葉がある。自分の行動や考え方を、一段高い所から客観的に捉える見方を指します。「地球や宇宙の中の自分」を考えることは、究極のメタ認知といえるでしょう。その中で新たな発見もあるのです。

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t131876
この記事へのコメント
I like to get my inspiration from really meaningful phrases said by truly great people like “Everything that exists is born for no reason, carries on living through weakness, and dies by accident”, do you know where I can find thematic compiltaions of those?
Posted by MichaelOrimi at 2018年11月22日 22:22