2018年12月01日

色彩感にあふれている

 デビュー11周年を迎えた“盲目のピアニスト”辻井伸行さん。彼の演奏は“色彩感にあふれている”と評されます。その要因の一つが、母・いつ子さんの関わり方にあったそうです。
 息子さんは盲目――そう告げられた母は育児書を読みあさりました。だが、そこには健常者の“見える世界”に適応させようとする記述ばかり。失望しかけたとき、知人の視覚障がい者から言われました。「生まれながらに『見えない』世界に生きる人にはその世界観があります」と。
 “「適応」ではなく、この子らしく育てよう”。水の音、木々のささやきなど、大自然の美しさを感動のままに伝えました。ある時、伸行さんが聞いてきました。「今日の風は何色なの?」。息子が豊かな彩りの世界にいることを教えられた(『のぶカンタービレ!』アスコム)

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t132035
この記事へのコメント
I like to get my inspiration from really meaningful phrases said by truly great people like “Man will never be free until the last king is strangled with the entrails of the last priest”, do you know where I can find thematic compiltaions of those?
Posted by MichaelOrimi at 2018年12月02日 10:14