2018年07月13日

土壌の話

 農学の大家が、ある村で1時間ほど講演しました。題名は「土壌の話」。終了後、一人の聴講者が、けげんそうに質問しました。「どじょう、どじょう、とおっしゃいましたが、赤どじょうのことですか、ごまどじょうのことですか」と。
 農学の大家が「土」で分かるところを「土壌」と言ったために、淡水魚の泥鰌と混同され、講演が分かりにくくなってしまった――。言語学者の金田一京助氏は、このエピソードを通して、言葉を発する際に大切なのは「よく分かること」と指摘しています。相手が理解できるように話す、日常的な話し言葉が「ほんとうの生きたことば」であると(『金田一京助全集 第14巻』三省堂)

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t129699
この記事へのコメント
http://www.portalcsgo.com.br/forum/viewtopic.php?f=18&t=8439
http://www.hartransplantationresultat.com/index.php?topic=1411.new#new
смотреть фильм после
http://www.osadyuprkova.cz/memberlist.php?mode=viewprofile&u=2086

http://www.trixieworld.net/forum/viewtopic.php?f=7&t=19878

На телефон В хорошем качестве HD 720 скачать торрент 2016
http://polskilifeserver.gameclan.pl/showthread.php?tid=174&pid=3934#pid3934
http://pmgbs.com/forum/viewtopic.php?f=4&t=133599

фильм бесплатно смотреть на українській мові
http://evil-empire.tk/myb/showthread.php?tid=116321
http://kushsupport.co.za/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=22769
http://aradzist.ir/forum/showthread.php?tid=15603
Posted by RobertNup at 2018年07月18日 08:08