2015年08月23日

はるかに上回る失敗

 エジソンは1300もの発明をしましたが、それをはるかに上回る失敗をしました。だが、彼は失敗を恐れなかった。電球の発明に取り組んだ時のこと。1万回もの失敗に驚く友人に、「オレは一回も失敗なんかしてないよ。うまくゆかない方法を一万も見つけたんだ」(ヘンリー幸田著『天才エジソンの秘密』講談社)と。失敗にくよくよせず、意味を見いだそうとする姿勢が成功を生んだのです。
 彼の人生自体が、幼少から〝失敗〟続き。小学校を3カ月しか通わず、その期間すら、教師から心ない言葉を浴びせられました。彼の活躍は、息子を信じ抜いた母ナンシーなくして考えられません。母は言った。「いい子になったら、言うことを聞いたらというような条件をつけたことはありません。ありのままのトーマスを愛しました」(ヘンリー幸田著『天才エジソンの秘密』講談社)と。

この記事へのトラックバックURL

http://asunimukatuye.mediacat-blog.jp/t111424
この記事へのコメント
街で見掛けるマンホールは、なぜ丸いのか。ちゃんと理由があるそうです。もし四角形だったら、対角線の長さが一辺の長さより長いため、ちょっとふたをずらすと、重い鉄の塊が穴の中に落ちてしまいます。
Posted by http://www.lenclavedesvins.fr at 2015年12月08日 11:41