2019年03月18日

900年以上

 ギリシャの哲人ソクラテスは、自らの思想を書物に残しませんてした。彼の思想を著作に残したのは、プラトンをはじめとする弟子たちです。
 プラトンは、今も、この先も自身の作などない、と記しています。あるのは「若く美しくなったソクラテス」のものである、と。教育者の林竹二氏は“ソクラテスの思想が、プラトンという魂に種を蒔き、実を生じさせた。ゆえにその実は、師匠のものでもある”と捉えています(『若く美しくなったソクラテス』田畑書店)。
 師の分身として立ったプラトンは、ソクラテスに代わって語り、彼が創設した学園アカデメイアは900年以上にわたり人材を輩出したのです。  

Posted by mc1460 at 18:39Comments(30)TrackBack(0)つぶやき