2018年05月14日

タカラハコ

 作家の出久根達郎さんが、『母を語る』(NHKサービスセンター)で亡き母を紹介しています。決して上手とは言えない片仮名で、「タカラハコ」と書かれた箱を遺品から見つけた。中には、出久根さんが就職先の東京から送った手紙の束が入っていたそうです。
 その内容は“これだけ手紙を出したのに、なぜ返事をよこさないのか”という不満ばかり。母は読み書きがほとんどできないと知りながらの恨み節。それでも母は、わが子の手紙を宝物として、大切に保管していたのです。  

Posted by mc1460 at 11:15Comments(6)TrackBack(0)つぶやき