2018年05月11日

Tomiokamachi

 夜空の星を見つめると、凜とした気持ちになりませんか。ましてやそこに、愛する故郷の名を冠した星があるとなれば、なおさらでしょう。
 原発事故の影響で避難生活が続く福島・富岡町の人々を励まそうと、「Tomiokamachi」と名付けられた小惑星があります。これは滋賀県の民間天文台の職員が1992年(平成4年)に発見し、命名されました。
 この小惑星の軌道は、火星と木星の間にあり、4年2カ月かけて、太陽の周りを1周するそうです。  

Posted by mc1460 at 11:39Comments(2)TrackBack(0)つぶやき